サービス SERVICE


[テーマ] ハラスメント防止

□本テーマ実施により得られるもの・効果

近年、ハラスメントへの社会の見る目がますます厳しくなっています。しかし、当事者意識はまだまだ薄いのが現実です。それゆえ発生した場合、どのように対応してよいか分からずに、問題が非常に大きくなってしまう傾向が見られます。

そこで、当研修では、管理者として必要な以下の点を狙いとして実施します。
  • ハラスメントのリスクをより身近なものとして理解し、防止の意識啓発を行います。
  • セクハラもパワハラも大きな問題となるのは、問題発生後の対応の不適切さから2次被害へとつながることであり、それをいかに未然に防ぐかが重要です。そうした対応の重要性への意識を高め、問題発生時の正しい対応の仕方について学びます。
 

往々にしてハラスメント研修は、「危ない」「怖い」という恐怖感をもってもらうことを目的としていますが、それが行き過ぎた場合には現場における「すくみあい」「遠慮」「距離感」を生み、円滑な職場環境を阻害してしまう場合もあります。

当研修は、それを避けるための予防に対する意識啓発に留まらず、実際にどうすれば良いかということに言及していきます。

 

□本テーマの主な対象

  • 管理・監督職級職員の方々
  • 職場において当テーマについて指導する立場にある方
(ひとクラスあたりの受講者数は、ご相談の上で決定致します。)

 

□本テーマを構成するプログラム項目

➢ 上司が部下に与えるプレッシャー (参加型ワーク)
➢ ハラスメントとは何か? セクハラ・パワハラの法的理解
➢ 問題が起こったら? 対処法の理解
➢ ハラスメントチェック
➢ ハラスメントと部下指導のバランス

 

※これらのプログラム項目について、オーダーメイド研修としてカスタマイズ時に、個別項目ごとに他テーマの個別項目と組み合わせることができます。