サービス SERVICE


[テーマ] 庁内インストラクター養成

□本テーマ実施により得られるもの・効果

  • インストラクターはメンター(支援者)であることを再確認し、インストラクターとして必要な基本的な能力(コミュニケーションスキルを中心に)を強化します。
  • 業務を担当するための専門知識と実践的なインストラクションの手法を習得します。特に、受講者の「自律性」や「主体性」、「意欲」を引き出すための各種技法身につけます。
  • コミュニケーションの取り方自身の傾向を客観的に理解し、インストラクションに活かします。
  • インストラクション演習でのVTRふりかえりと相互フィードバックを通して、自らのインストラクションのレベルアップを図ります。
 

□本テーマの主な対象

  • はじめて講師を担当する方
(ひとクラスあたりの受講者数は、ご相談の上で決定致します。)

 

□本テーマを構成するプログラム項目

➢ 環境の変化とインストラクターとして求められるあり方
  • 教育担当者としての役割
  • 人前で教える心構えや、支援者としての基本姿勢
➢ 目指すべきインストラクター像 〔グループ討議〕
➢ インストラクターとしての自己理解
  • 自己チェック
  • 自己理解と他者理解(タイプ別対応の仕方)
➢ インストラクションの各種技法
  • 質問の技法
  • 各種技法の紹介
➢ インストラクションスキルの基本
  • 分かりやすい話とは
  • ボディランゲージ・態度・表情・マナー
➢ インストラクション実習
➢ (VTR撮影)と振り返り、相互フィードバックと講師アドバイス
➢ インストラクターとしての行動指針

 

※これらのプログラム項目について、オーダーメイド研修としてカスタマイズ時に、個別項目ごとに他テーマの個別項目と組み合わせることができます。